保険は複数の選択肢から比較検討

news

2017/08/24
本当に必要な保険がどれなのか考えるを更新しました。
2017/08/24
わからないことはファイナンシャルプランナーに質問を更新しました。
2017/08/24
保険の見直しは人生の節目で実施を更新しました。
2017/08/24
保険を減らして家計の節約を更新しました。

category

保険相談における加入と見直しは慎重に

保険の相談先としては、生命保険会社の営業職員(生保レディ等)、または保険代理店がかかえるFPや窓口スタッフ、が主になるかと思います。加入・見直しするにあたっては、信頼できる担当者を見つけることが重要となります。生命保険会社の営業職員は、基本的に自社商品しか取り扱っていないため、商品の選択肢は狭まります。しかし、加入した後には定期的なアフターフォローが期待できるため、保険に無関心な方にとっては安心感があると思います。
対して、保険代理店では複数社の商品を取り扱っているため、選択肢がかなり広がります。気になるのは、代理店にとって手数料が高く有利な商品を勧められる可能性がある、ということです。どちらで相談するにしても、こちらの質問に的確に答えられ、知識が豊富な担当者を選ぶ、ということが重要です。
一旦保険に加入すると、その保険会社や担当者、代理店との付き合いは長くなります。また、保険は住宅の次に高い買い物と言われ、保険料も長年支払うこととなります。
保険相談は基本的には無料なので、「相談に乗ってもらったから」と情にもろくなり加入しないよう注意することが必要です。
お勧めは、何社かに相談してみて、最も的確にニーズにあった商品を提案してくれたところを選ぶことです。どちらで加入するにしても、最終的に、自分にとって必要な保障はどのようなものかを冷静に判断し、納得いくまで検討する、ということが重要です。

保険の相談はたくさんの中から選択でき便利

保険を一度決めてしまうと、その保険の見直しをすることがありません。それは、面倒と思うことと、見直しをすることによってより高い保険料を支払うことになる、そんな風に思っているからです。ところが、現在はそんな心配なく安心して見直しを行うことができます。
それは、たくさんの保険会社を比較することができるからです。ひとつの保険会社だと、その内容について偏りがあったりしますね。その点、たくさんの保険会社を比べることによって、より自分に会った保険を見つけることが出来るのです。
保険の見直しを行った人は、損をしたと思う気持ちが少ないです。それは、本当にすごい事ですね。しかも今の保険料よりも、ぐっと安くてより保証がある保険に変えることができます。
以前の保険内容だと、少し違うと思うことがありませんか?退職をしている自分と、ばりばり働いている人とは、保険が違うことは当たり前なのです。保険料を見直したい、そんな風に思っていても、具体的にどこからはじめるといいのか、どんな風にすると後悔しないのか、それがわからないのです。
そんな時は、保険のプロにまかせましょう。その保険相談のプロによって、確実に今の生活にあった保険を見つけることができます。